みちくさ

 この本は、もう一年以上前に長居植物園に行ったときに出会ったものです。

 そして今日やっと買えました。

 ド・ストライクでした。表紙をめくって、このたんぽぽ。やられました。

 その次のページにも、もうハートをぶち抜かれました。良かったです。すごく。

 

 本当にいいですね。一日中なめまわすように読み、感心し、ニヤニヤし、発見がありました。

 著者の佐々木知幸さんありがとうございます。

 常に肌身はなさず持ち歩きたい本です。

 そのうちこの本に書かれている植物全部発見してやる。

 仕事にも役立ててやる。(ほんまかいな)

 

 いつか一緒に「みちくさ」できることを願っています。楽しみ。

 そのときは、よろしくお願います。

 

 

明日、友達の紹介で一件、仕事が決まりました。

これが大久保商店として、お客様第一号となります。

感慨深いですね。

がんばります!

 

いろいろな人と仕事について話してたり、

本読んだりして一つの真理に気がつきました。

 

いきなり仕事させて下さいっていっても、嫌だってなる。

 

私もね、ホームページ作った次の日くらいに電話かかってきて、

業務委託みたいな、パートナー募集みたいな電話かかってきて、

そっこー断りました。(受けといた方がよかったんちゃうか)

 

なかなか、難しいですよね、いきなりっていうのは。

仮に、そろそろ庭の剪定頼みたいって思っていても、道でいきなり出会った人に、

「お庭の剪定やってます、お宅の剪定やらせてもらえませんか」

って言われたら、反射的に嫌ってなりますもんね。普通。

 

向こうから来てくれれば、そういうことは起こらない。

 

回り道になるけども、徳を積んでいくしかないんだな。

徳を積んでいけば、そのうち輪廻して帰ってくると思うんだよな。

 

大量に入手したユーカリの枝をドライ用に配ったり、

なんかそういうことが、いつか巡り巡って自分に帰ってくるはず、

見返りを求めて徳を積んでいくっていうことは、やらしいような気もするけど、

これをあげるから、あれをよこせとかじゃなくて、

相手に喜んでもらえることを、想像して、それを自然にしてあげる

くり返して行けば、どんどんよくなっていく気がする。

 

まずは身近な人から、奥さんから(これが一番難しい)

あと、親とか。

 

そうしていこう。そうしよう。

 

 

あしたの第一号のお客様の仕事も、徳を積んだ結果というか、

友達が私のことを気にかけてくれて、声をかけてくれたものです。

今までの積み重ねが、こうやっていつか帰ってくるのです。

すぐには結果をもとめてはいけませんよ。

 

 

偉そうなこと言っているけど、明日の仕事は庭ではありません。

「自転車を軽トラで配達すること」です。

 

それでもうれしい笑

 

追記)

たぶんだけど、毎日、同じ場所で、同じ時間にチラシを配ってみるっていうのも、徳を積むことになるんじゃないだろうか。やってみよう。