植木屋としてどうするねん

こんなこと書いたら、だめなんですけど。
いっぱいお金稼ごうと思えないんですよ。
そういう病気です。

いっぱいお金稼ごうと思う人もいると思うんですけど、
それはそれでそういう病気です。
「お金はいらない」っていうセリフは、お金がある人がいうもので、
お金ないのにいってるからただの負け惜しみなんです。
というか、お金いる。欲しい。

11月12月って植木屋さん繁忙期です。
お正月までにお庭をきれいにしたいっていう方が多いので、
今はみんな忙しい。
そして1月になるともう冬ですので、植物の成長はストップしますので、
めちゃ春までめちゃ暇です。

今のうちに稼いでおいた方がいいのかも知れません。

冬にも仕事があれば、いいんですけどね。
なんかあると思うんですけどね。

去年は、ビビるくらい暇でした。
なんかあるでしょう。今年は。

一つの仕事に対する単価をあげられれば、
少ない仕事日数で十分なお金を手に入れられますね。

単価をあげる方法の一つは、
腕をあげることですね。

しかし、広い、広いし、深い、庭の世界。
その深さは、そこが見えませんし、広さも限りない。

始めたのが遅かったのももちろんありますが、
そうでなくても、とても、生涯かけても極めることはできないでしょう。
(何様や)

それでは、何かに特化したらいいのか。
なにに特化するのか。
そこら辺は、日々考え中です。

私は、飽きっぽい性格で、一通りできるようになると。
飽きちゃうという性格なんですけど、その面でいったら、
一生飽きることないかもなっていうのは、嬉しいですね。

でもね。
どうやら、技術だけではない。腕前だけではないんですよ。
この世界は。
私が思うにね。
気に入ってもらえたら、少々高くても、お金出していただけるんじゃないかと。
思います。
そのためには、みんなが喜ぶことをするよりも、(多くのお客さんを狙う)
自分の信念をもつ(自分がやりたいことをする)ってことが、いいんじゃないか。
って思います。

例えば、こだわりの剪定方法でいくとか。
オーガニックな植木屋だとか。
それは、商売のため、集客のための作戦ではダメで。
自分の想いからくる、こだわり。
これを見つけて、やって、発信して行けば、
きっと、応援してくれる人が現れて、
そういう場合っていうのは、例えば、お金が応援ってことになってくると思うし、
お金が「いいね!」になってくると思う。

いいと思ったものを買うっていうことは楽しからね。

どういうこだわりを出していくか。
そのことを少し?箇条書きな感じで、次は書いてみたい。


あと、最後に昨日教えてもらったこと。
オオガリ(ハサミ)の調整のしかた。
それをメモしていたのですけど、
最後にどうやってやるか覚えているか
説明してみてと言われて、説明した。
すると、アニキ「人に教えたら覚えるねん。メモしても覚えへんで」
と教えてくれた。
みなさま、そうだそうです。
これは、いいこと聞きました。